グリチルリチン酸ジカリウムの効果

グリチルリチン酸ジカリウムの効果をズバリ解説

グリチルリチン酸ジカリウムに期待できる効果はズバリ言って「抗炎作用」、つまり「炎症を鎮める」効果です。

 

 

グリチルリチン酸2Kと言われることもよくあります。

 

 

ニキビはアクネ菌の増殖による肌の炎症ですから、そのニキビの炎症を鎮める効能があります。

 

ニキビができて赤く腫れる、いわゆる赤ニキビができやすい人にはピッタリの成分です。

 

 

リプロスキンはニキビ跡を解消するための化粧水ですが、そもそもニキビの炎症がある状態ではニキビ跡の改善はできません。
まずはニキビの炎症を抑えることが必要なので、リプロスキンにも配合されているのでしょう。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムとは

 

グリチルリチン酸は甘草という植物の根に含まれている天然成分です。
甘草は漢方でよく使われ、古くから炎症を鎮めるために親しまれてきました。

 

 

医薬品としても使われ、皮膚の改善はもちろん、のど薬、

 

 

分子構造がアトピー治療にもよく使われるステロイドに似ており「ステロイド様」とも言われ、抗アレルギー作用も期待できます。

 

 

 

ステロイドと言えば副作用が問題視される場合がありますが、グリチルリチン酸ジカリウムの場合も過剰摂取による副作用が起きる可能性があります。

 

グリチルリチン酸ジカリウムを摂りすぎると「偽アルドステロン症」というものを発症する場合があります。

 

 

具体的にはむくみや吐き気やひどい倦怠感を感じます。
この副作用が発生するのは1日当たり40mg以上を口から摂取した場合です。

 

 

化粧品には微量しか配合されていないので、副作用の心配はありません。

 

 

 

 

 

関連ページ

リプロスキンの効果
リプロスキンの効果の秘密。
リプロスキンの有効成分と肌への作用
リプロスキンの有効成分と肌への作用を調べてみました。赤み・シミ・クレーターといったニキビが治った後のニキビ跡に効果的と話題のリプロスキン。どのような成分が効果的なのかまとめました。
リプロスキンを使ったらニキビが悪化する?
リプロスキンを使ってニキビが悪化したという口コミがあります。ニキビで悩んでいるのにニキビがひどくなるというのでは確かに欠陥商品ですが、リプロスキンで肌が悪くなるということは本当にあるのか調べてみました。
リプロスキンは怪しい?本当にニキビ跡に効くのか?
リプロスキンはニキビ跡専用化粧水としていろいろなところで高い評価を受けていますが、あまりにも高評価すぎると逆に怪しくも感じてしまうものですよね。実際の効果はどうなのか、リアルな口コミを交えて検証します。
リプロスキンの副作用
リプロスキンに副作用があるのか詳しく調査しました。