ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類

ニキビ跡には大きく分けて3種類のものがあります。

 

どうしてニキビ跡ができるのか?
その原因をきちんと理解して、適切なケアをするようにしましょう。

 

 

赤みタイプニキビ跡

ニキビが治った後も赤い跡が残ってしまう場合があります。
これはニキビの炎症によって毛細血管が増えたことが大きな原因です。

 

肌はニキビによる炎症でダメージを受けると、肌を修復しようとします。
その時に毛細血管が大量に出来上がります。

 

その毛細血管がニキビが治った後も残るので、肌が赤くなってしまうのです。

 

シミタイプニキビ跡

ニキビの炎症による肌のダメージを修復するためにはメラニンも生成されます。
メラニンは日焼けの茶色い色素であることからも分かるように、外部からの刺激に対して肌を守る働きをしています。

 

紫外線という刺激から肌を守るためにメラニンが生成され、その色素が肌を茶色くします。
同じようにニキビの炎症に対してもメラニンが生成され、ニキビが治った後も茶色く色素沈着します。
日焼けの場合は肌全体に紫外線があたるので色素沈着もまんべんなく起こりますが、ニキビによる色素沈着はどうしてもまだらになってしまいます。
これがシミになってしまうわけです。

 

クレータータイプニキビ跡

月の表面の凸凹をクレーターと言いますが、それと同じように肌が凸凹になってしまう症状をクレーターと言います。
ニキビの炎症がひどくなると表皮だけではなく真皮にまでダメージが及びます。

 

真皮はターンオーバーが起こらないので、一度損傷すると修復されません。
その真皮が損傷した部分が凹みとなってしまいます。

 

新陳代謝による修復が難しいため、クレータータイプのニキビ跡は最も回復が難しいニキビ跡です。

 

 

→ニキビ跡専用化粧水リプロスキンについてはこちら

 

関連ページ

ニキビを治すのに大切なこと
しつこく繰り返しできるニキビを治したい!食事を気をつけたり洗顔を一生懸命やっているのになかなか治らないニキビ。ひょっとしたら治し方が間違っているかもしれませんよ。
ニキビ跡にいい化粧水の選び方
ニキビ跡にはどんな化粧水がいいのか?ニキビ跡はなかなか改善するのが難しく長い期間をかける必要があるので化粧水は慎重に選びたいものです。効果、価格の面で口コミでも評判の高い化粧水をご紹介します。