ニキビ 洗顔

ニキビ用洗顔石鹸の決定版

ニキビは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)というれっきとした病気です。
悪化した時には適切な処置をしないとクレーターや色素沈着などひどいニキビ痕が残ります。

 

そのような場合は薬用の製品を使うことも必要でしょう。

 

けれども一番大切なのはニキビができにくい肌環境を作ることです。

 

ニキビは結局毛穴に皮脂がたまることが原因です。
そうすると皮脂がたまりにくい肌を作ることが最も大切。

 

そのためには余分な皮脂をきちんと落とすことと余分な皮脂が出ないようにすること
つまり洗顔と保湿が重要です。

 

化粧水や美容液を塗って保湿を心がけている人は大勢います。
けれども洗顔をきちんと行っている人は思いのほか少ないものです。

 

とにかく洗顔はゴシゴシこすって汚れを落とせばOK!
その後の保湿をしっかりやれば大丈夫!!

 

こんなふうに考えている人は危険です。

 

実は洗顔のほうが気を配ってしなければならないのです。

 

 

こんな洗顔は肌を痛めてしまう

  • ゴシゴシこする
  • 一日に何度も顔を洗う
  • 市販の安い石鹸を使う

 

洗顔は肌にダメージを与えないように優しく行うことがポイントです。
ゴシゴシ擦るのは確かに汚れが落ちた気分がしてさっぱりします。
脂性の人は皮脂が貯まる気がして一日に何度も拭いたり洗ったりしてしまうでしょう。

 

けれどもそれは肌に強い刺激を与えることで、逆に角質を硬くすることにつながります。

 

洗顔はキメの細かい泡で撫でるように皮脂を洗い流すことが重要です。
毛穴に詰まった皮脂を落とすには狭い毛穴の入り口に入り込める細かい泡が必要です。
毛穴に入り込んだ泡が皮脂を浮かせて外に運び出してくれます。

 

市販の安い石鹸は合成界面活性剤などで皮脂を溶かして洗い流すものです。
確かに皮脂は取れますが、その成分は肌へも強いダメージを与えます。
そうすると結局また皮脂がたまりやすい肌となってしまい、イタチごっこです。

 

根本的にニキビを改善したければ、防腐剤や石油系界面活性剤などが無添加のものを選びましょう。

 

ニキビに効く洗顔方法

まずキメの細かい泡を作ります。
泡立てネットでしっかりと泡立ててください。
時間がたってもしぼまない泡がキメの細かい良い泡です。

 

そして手でこするのではなく泡で皮脂を押し出す感覚で洗っていきます。
あくまで洗うのは泡であって、手は肌に触れないぐらいの感じで撫でてください。

 

洗い終わったら石鹸が残らないように十分にそそいでください。

 

これで余分な皮脂は落として必要な皮脂は残った状態になるはずです。

 

キメの細かい泡ができる石鹸

このように肌にダメージを与えず適切に皮脂を落とせる泡を作れる石鹸を選ぶことが肝心です。
そのような石鹸としてお勧めなのがVCOマイルドソープ。

 

VCOとはヴァージン・ココナッツ・オイルのことで今世界中で注目されている高級美容オイルです。

 

このVOCにはラウリン酸が豊富に含まれています。
ラウリン酸は石鹸の主成分である脂肪酸の一種ですが、非常に分子が小さいため洗顔に最適なキメの細かい泡を作り出せるのです。

 

実はこのラウリン酸、赤ちゃんの飲む母乳と同じ成分。
だから赤ちゃんのようななめらかな肌を作り出せるんです。

関連ページ

ニキビ跡の種類
ニキビ跡には大きく分けて3種類があります。どうしてニキビ跡ができるのかを知って、適切なケアをしましょう。
ニキビを治すのに大切なこと
しつこく繰り返しできるニキビを治したい!食事を気をつけたり洗顔を一生懸命やっているのになかなか治らないニキビ。ひょっとしたら治し方が間違っているかもしれませんよ。
ニキビ跡にいい化粧水の選び方
ニキビ跡にはどんな化粧水がいいのか?ニキビ跡はなかなか改善するのが難しく長い期間をかける必要があるので化粧水は慎重に選びたいものです。効果、価格の面で口コミでも評判の高い化粧水をご紹介します。
ニキビケアはここがポイント
繰り返すしつこいニキビやなかなか消えないニキビ跡を改善するためのスキンケアをするうえで大切なこと。
ニキビは石けんを変えれば治るかも!
ニキビを治そうとして一生懸命石けんでゴシゴシ洗顔している人は、ひょっとすると逆効果かもしれませんよ。なかなかニキビが治らなくて悩んでいる人は必見です!
ニキビケアに効果的な化粧水はどれだ?
ニキビケアはただ治すだけでなく、ニキビができにくい健康な肌作りが肝心。そのためには化粧水選びはとっても大切。あなたに最適な化粧水を見つけて下さい。